LINEでオープンチャットの始め方、使い方の基本とコツを徹底紹介!

  • LINEで送る
オープンチャット

LINEでオープンチャットが利用出来るようになったのをご存じでしょうか?
オープンチャットとは、LINEの新しい機能で2019年8月より開始しました。

このオープンチャットの特徴は、通常LINEの友達以外と交流できないのですが、ユーザーとも交流ができるチャットの機能です。

オープンチャットの使い方、オープンチャットの始め方、活用方法などをご紹介します。 
自分が知りたかった情報が手に入ります。特に自分の趣味にあったグループに入るといいです。
掲示板のように雑談が可能です。専門分野ですと質問したり、様々な情報を入手することが可能です。

LINEのオープンチャットとは?

LINEのオープンチャットですが、誰でも参加できます。
グループを作成出来、友達以外の人も入れるLINEの新チャット機能です。

オープンチャット機能の特徴

1.通常と違い、途中から参加してもその前の過去のトーク履歴を見れる
2.全体公開も出来れば、承認・招待が必須のクローズドチャットも利用可能
3.LINEのトークと基本同じチャット機能
4.トークルームの参加人数は最大5千人
5.通常のLINEアカウントと違うユーザー名やアイコンをチャットごとに利用可能

内容により、全体公開と招待・承認が必要なクローズドチャットとして、利用出来ます。
プライバシーを考慮されていて、普段のLINEアカウントが本名、アイコンが顔写真の場合でも安心して利用できるように、チャット別に設定が出来る為、本人バレを避けれます。

通常参加した前のトークは見ることが出来ませんが、オープンチャットの場合は、掲示板のように過去のトーク履歴を見ることが出来ます。
途中参加の方でも話の内容が分かるように配慮されてます。

LINEオープンチャットに参加しました

LINEオープンチャット

オープンチャットを選択する

LINEのアプリを起動して、グループ作成の下にある項目で、オープンチャットを選択します。
オープンチャットのトップページに移動します。

参加するオープンチャットを選ぶ

チャットの一覧が表示されますので、その中から、参加するオープンチャットを選びます。

参加をタップする

オープンチャットのポリシーに同意しますかと表示されますので、同意ボタンを押して下さい。

アイコンとニックネーム設定

オープンチャットでは別のニックネーム、アイコン画像を使用出来ますので、設定しておきましょう。
設定完了して参加を押します。

オープンチャットの参加開始

オープンチャットでは、参加前のトーク履歴を見ることができます。

LINEオープンチャットの使い方やコツ

オープンチャットの利用方法をご紹介!

LINEグループトークと同じ

基本的にオープンチャットはLINEグループと同じですので、使い方もすぐに慣れると思います。
LINEのメッセージ以外にスタンプ、写真、動画ももちろん投稿可能です。
一部機能は制限されています。

トークルーム別にアイコン変更

オープンチャットでは、ユーザー名、アイコン画像をトークルームごとに変更可能です。
個人情報もあるので、匿名参加できて、親切な設定だと思います。

通知のオフをおすすめします

オープンチャットは、通常と違い、最大5千人が参加可能です。
スマホでLINE通知が連続で鳴り響くということにならないためにも、大人数の場合は、通知をオフにしましょう。

リプライ・メンション機能を活用

大人数の為、誰に発信しているのか分からなくなる場合があります。
その為、誰かあてに発言をするときには、リプライ機能、メンション機能を利用することがおすすめです。

投票機能やノート機能

オープンチャットでもグループトークと同様に投票機能、ノート機能が使えます。

管理者ならアナウンス機能を活用

チャット内のルールなどをトークルームの最上部に常時表示が可能になるアナウンス機能があります。
ルールや集合時間など決めておくことがある場合は、アナウンス機能を使いましょう。

あなたにおすすめの記事

  • LINEで送る