恋愛

【好意の返報性】とは?自分を好きにさせるモテるテクニック!

「好意の返報性」と「熟知性の原理」を駆使して好きになったら、相手も好きになる。

自分が好きになった人には、自分を好きになってもらいたい。これは恋愛において、当然の心境です。それこそ「両思い」になれるわけですから、恋の始まりと言えます。恋愛テクニックをみにつけて、相手に好きになってもらいましょう。

自分を好きにさせる方法

実際、例えばAさんがBさんに好意を示したら、BさんはAさんを本当に嫌でない限り、Aさんに好意を持つようになります。

これを「好意の返報性」といいます。

しかし、あなたの好意を相手が気づかなければどうにもなりません。
つまり、相手を振り向かせる第一歩は、あなたの好意を相手に伝える、あるいはわからせることといえるです。ちなみに、相手を嫌ったり、悪口を言っていたりすると、相手もあなたに嫌悪感を抱くようになります。これが「嫌悪の返報性」です。これも大事ですので気をつけましょう。自分に好意にある人には、自分も好きになってしまいます。それだけ好意というのは好感度を上げるのです。

さて、デートの約束を取りつけ(デートでなくても会う回数を増やし)、さらに好感度を高めていきます。
その相手と会う回数が多くなればなるほど好きになるというこの効果は「熟知性の原理」と呼ばれます。

初対面のときはお互いに緊張していても、何度か会ううちに緊張もほぐれ、次第によい印象が生まれていきます。

ほめて相手の欲求を満たす

「ほめ上手」になることも、自分を好きにさせ るテクニックの一つです。
女性も男性も、ほめられればうれしいものです。特に、普段あまり自分を認めてくれる人がいないと感じている人に効果的です。高めることができます。

つまり、自分を高く評価、他人から称賛されると、自己評価と自尊心を、ほめられることに慣れていない人にはその人を強く印象づけます。異性からほめられれば、自分を認めてくれると喜んでくれます。

けなしてから褒めるモテるテクニック

褒め上手になることは、モテるテクニックで大事です。この褒めるというのは、友達や上司などビジネスでも有効なので、ぜひ褒め癖をつけてください。度を越えた誉め言葉や嘘はよくないですが、いい点をみつけて、いいタイミングで出るようにすると、きっと好感度が上がること間違いないです。

褒めることで相手の気分を良くさせましょう。恋愛や仕事もうまくいくようになりますよ。誉めることは恥ずかしがらず、さらっと言えることが重要です。誉めるにはセンスも必要。頭の回転もよくさせます。モテる男は誉めることが上手いです。

ただし、必要以上にほめると、逆効果。最初はけなして、次第にほめていく方法がとても効果的です。
最初はけなして、次第にほめていく方法。
「君はバカだなあボケてるし。でもそこがいいんだよね。そこが好きだな」

ほめ言葉の連続。ただし嫌みにならないように。
「君ってかわいいよね。優しいし、頼れるし、だからみんなに好かれるんだね」

けなし方も愛情を込めていれば大丈夫です。
「美人でもないし、おっちょこちょいで、料理も下手だし、まったくダメなヤツだ」

場合を考えて上手にほめるようにしましょう。
度が過ぎたほめ言葉は逆効果となるので注意が必要です。誉めて嫌になる人はあまりいません。

最後にけなすと最初の評価が帳消しにされる感じ。
「君は美人だし、頭の回転も速いよ。でも、お高い感じで、ちょっと取っつきにくいね」などのテクニックもあります。

モテる人には、ほめ上手が多いです。
自尊心をくすぐられます。「きっとお世辞だ」とは思ってもです。モテる人は誉めるを使って恋愛を有利に運んでいます。