男女、異性を好きにさせる方法!モテる方法とプロのテクニックとは?

自分を好きにさせる方法

聞き上手な男性は女性の心を癒し、聞き上手な女性に男性は熱く語り出します。

女性は悩み事を話したがる

そのような男性には、女性は心を開いて、不安や悩み事を話します。
そして自分を癒してくれる男性に心を傾けていくのです。
男性は、女性の話をよく聞いてあげてください。恋愛で聞き上手になることがモテ男になる第一歩です。

男性は自分の知識を披露したがる

ほめ上手がモテる条件なら、「聞き上手」もモテる条件の一つに入ります。
初めてのデートは、緊張して、しゃべりっ放しになる人もいれば、黙り込んでしまう人もいます。
そのどちらにも偏らずにスムーズな会話ができるとよいのですが、そううまく行きません。

どちらかというと、おしゃべりが上手なのは女性のほうというのが一般的です。
しゃべる比率は、女性6に対して男性4というのが一番落ち着くといわれています。
特に女性は、話すことでストレスを解消するという性質があります。
聞き上手の男性は、女性が話しやすい雰囲気をつくり出してくれるテクニックを持っています。

一方、男性も自分の話をきちんと聞いてくれる女性に惹かれます。
男性は、自分の趣味や興味があることを聞かれると、「よくぞ聞いてくれた」とばかりに、その知識をひけらかし始めます。
例えば、趣味の釣りの話や、大好きな車の話など、熱く語り始めます。
男女共に異性には聞き上手になる、質問上手になるのがモテるテクニックです。

それを、嫌な顔もせず、上手に相づちを打ちながら聞いてくれる女性に対しては、「俺の趣味に興味を持ってくれている」「今度、デートに誘ってみよう」などと思うとともに「いい女だ」と認めます。

逆に、つまらなそうな顔をしたり、生返事をしてしまえば、「この子とは話が合わない」と感じ、その後の展開はありません。
もちろん、そのような相手とは相性がよくないとあきらめるのもいいでしょう。
聞き上手は相づち上手でもあります。
上手に相づちを打つためには、相手の話に共感することが大切です。

共通の話題でなくても、共感し、興味を持てば、上手に相づちが打てるはずです。
そうすれば、相手はさらにいろいろな情報を提供してくれます。
顔や目、口元などの表情も意識して、相手の話を聞くようにしましょう。

共通点が多いと好感度が増す

人は恋愛心理学でいうと、共通点がある人の方が好感度が増すそうです。
だから、同じ職場の人と恋に落ちやすいのです。会話をしながら共通点を探しましょう。
共通点があれば、話も盛り上がります。

家庭環境が似ている
【趣味が同じ】
聞き上手になると、人に好かれるばかりでなく、いろいろな類似性も発見できます。
類似性を発見できれば、共通の話題が生まれ、さらに親密度が増します。
【聞き上手】
聞き上手で 類似性の発見を
【類似性の発見】
出身地、母校が同じ
【共通の話題】
親密度が増す
好きな映画が同じ
好きなスポーツが同じ