女性にモテるデキる男の秘訣は「静かな目でクールさ」を持っている?

モテ男は、静かな目を作る?

学生時代を豊富な経験と行動力で送ってきた男たちは、社会人になりたてのころから、どこか雰囲気が違います。
きっと、入社試験の時点でも、特別な光を発していただのでしょう。
「この人、なんか違う」
そう思っていた新人の男性が本当に化ける姿を、これまで何度も見てきています。

モテる男は、なにか、どこか違うんです。 もちろん容姿や性格は人それぞれです。
お世辞にも美男子と言えない人、ファッションに気を使う現代風な人、お調子者、仕事一途なまじめ人間と、表向きはいろいろです。

だけど、どこか違う雰囲気を身にまとっている。それはなにか?
共通していたのは、しんと静まりかえったような目でした。

あなたも気づいたことはないかしら。「こいつ、なんとなく近寄りがたいな」「目が怖いな」などなど。
洞察力のある人なら、それを「静かな目」と称したかもしれない。

いくらおしゃべりで、場を盛り上げていたとしても、そして「目も笑っていた」として。
でも、静かな目はいつも静かでクールです。

熱情に燃え上がっていても静かな目のままでいる、ということが本当にあるのだから、男の表情っていうのは面白いです。

静かな目は、ものを見通す。静かな目は、その場の状況、自分、相手、たくさんのものを見ています。だから、目が自然と静かな光を帯びる。きっと彼らは、そういう頭のつくりになっているのでしょう。その点、やっぱり女は、「そういう頭」じゃないようです。そのようなクールな目で女性は見つめられると惚れてしまうそうです。

だいぶ客観的に物事を見られるようになったと思っているけれど、静かな目なんか普通の人は、していない。 女性の場合はいつまでも、主観的な生き物なのです。

静かな目は、「デキる男」を演出する!

「静かな目」とはどんな目か?
具体的に言うのは難しい。けれど、大まかなことは言えます。

せわしなく動かずといって鈍感にどんよりしているわけでもないです。
感情の動きに素直に反応して、大きく開いたり動いたりすることもない。

その場の雰囲気・状況に合わせて、効果的に最小限、動きます。
そんなふうに、物事を冷静に、客観的に見られれば、当然周りの仕事をしている男性たちとはレベルが違ってきます。

自分自身、大いに楽しんだり、当然若いから戸惑ったり困惑したりもしながら、でも意に燃えて「自分がうまく生きる」ために、周りを正確に見て取ろうとするから女性にモテるのです。

そんな生き方をして、「デキる男」にならないはずがないです。 人と同じようなことをやっていたとしても、「デキる雰囲気」を醸し出してしまうのです。女性はそこを好きになります。人と同じことをしないのです。普通の男が出来ない事を仕事で才能を発揮してしまうのです。そこに女性は表に出してなくても内心では、メロメロです。

男性の目が静かな人がいます。たいていはハンサムでカッコいいイケメンの男性です。

そんなふうに「この男はデキる」と、会社の上司や同僚たちに思わせてしまえば、あとは簡単です。
デキる男には、女の目が集まります。あとはよりどりみどり、ちょっとしたモテテクニックで、女は自然とついてきます。女性は仕事のできる男性、通常とは違う男性を頼りになると思って好きになるのです。

モテ男は、形から入る?

「ちょっと待て、そんな静かな日なんか、俺は持ってないぞ」 そんな人も多いと思います。
そう、世のほとんどの男性は、そんな目をしていないのです。

ならば、まずは形から入ってみては?
普通は目に一番表情が出ます。「目は口ほどにものを言う」のです。だから、意識して目に表情を出さないようにしてみる。時々、ふっと、自分の目が今どんな「様子」をしているか考えてみて、それを習慣にしましょう。

せこせこと動いていたり、大げさに見開かれたり、しかめられたりしていたら「さわがしい目になっているな」と意識すればいいんです。そうするうちに、あなたの目は、自然と静かになっていきます。

騒がしい目は、人間の小ささを感じさせてしまいます。小さな人間に、誰が惹かれる?
そうして物事を客観的に見る感覚が身につけば「デキる男」と見られるようになります。

「デキる男」と思われることは、若者が会社でモテるための、最大の武器になります。
モテたいのであれば、仕事を頑張り、スキルを身につけることも女性から好かれる事につながります。