恋愛

「余裕のオーラ」が女性を惹きつけるモテる男は余裕がある?

強者は、仕事ができる。デキる男は、出世する。彼らは、三十代から四十代で、ある程度の地位を築いてしまう。
会社ならば、役員になります。そんな彼らは、社内恋愛をどのように進めていくのでしょうか?

モテる男の余裕

モテる男はとにかく余裕があります。その余裕から自信が生まれて、女性からは頼もしく見え、惚れてしまうのです。余裕がなければ、冷たくあたってしまい女性に嫌われることもあります。せっかちの男性よりもゆっくりとした動作、堂々とした態度の方が女性は好きになるのです。

どんな男がモテるのか?

仕事のデキる男? 金のある男? 優しい男? おしゃれな男? 話のうまい男? 教養のある男? バイタリティのある頑強な男?
いろいろ考えられるし、これらのうち一つだけでも、モテないことはないです。
しかし、それだけでは「モテまくる」ことはできません。

余裕のある男がモテる

突き詰めていくと、モテる男とは「余裕のある男」のことだと思います。
精神的にも、体力的にも、時間的にも、性格的にも。

自信がなければ、余裕は生まれない。
時間がなければ、余裕は生まれない。
金がなければ、余裕は生まれない。
体力がなければ、余裕は生まれない。

あらゆる意味で余裕のある男こそ、本当にデキる男。
そして、余裕のある男には、モテるための条件が自然とそろってしまいます。
余裕があると頼もしく思えてきます。そんな男性を女性は好きになります。

情はいらない

余裕のある男になるためには、残酷さが必要だと思います。
同僚や上司すら押しのけて出世する。 軽々と「仲間」を捨てて、ほかの会社に移ったり独立したりする行動力。
ジャマ・無用と思えば、愛する女も簡単に捨て去る。

他人の些末なことにかかわらず、自分の時間を作る。親しくとも気を許さず、状況次第で適切な手を打つ。
出世のためなら、愛する女より結婚に適した女を選ぶ。

モテるオーラが必要

デキる男にとって、情はジャマになるだけの無用なもの。
モテるためには、余裕を身につけなければならない。
それが「モテるオーラ」となります。

持論ですが「恋愛に成功哲学は通用しない」恋愛には相手がおり、相手の心のすべてをコントロールすることはできないから。
でもこれは、相手にとっても同じことです。彼女だって同じ立場で、あなたを制することはできない。
モテる男は、それを悟っています。

そのうえで、できる限りの手を尽くすします。
強者は、きっとその悟りが早く、しかも徹底的に行動できる人種なのだろうと思います。

まずはニセモノでいい。

残酷になりきれず、見てきたような余裕すべてを身につけられなくとも、一つや二つ は達成できるはずです。
あなたは、体力をつける努力をしていますか?

開き上手になるにはどうすればいいか、考えたことがありますか?
努力と工夫で、かなりカバーできるはずです。

金がなくても、金があるように振る舞います。
体力がなくても、ここぞという時には無理をしてみよう。
上から下まで、いつもいいものを身につけていよう。
背筋を伸ばし、堂々としていましょう。

そこに、ニセモノの余裕が生まれます。
でも続けていくうちに、いつしか本物の「余裕のオーラ」になる。

ポイントは、「堂々としている」ことです。
決して、こんなふうにはならないこと。

せせこましく動く。目を動かす。
話しすぎる。姿勢が悪くうつむきがち。
感情の起伏をすぐ顔に出す。
そこから治していきましょう。

モテる男は口数を減らす

最低限、日数を減らすだけでも、余裕ある雰囲気を出せるはずです。
口数を減らせば、じっくり考えて話すようになります。
じっくり考えて話せば、思慮深い決断や指示も下せます。

つまり、それまでよりも「デキる男」になるんです。
ミステリアスな男性は女性を虜にしてモテます。賢くも見えます。

ばかみたいに騒ぐ男性は女性から賢く見えません。頭で考えた賢い発言をすることで、女性は、頭のよさや頼もしさを感じます。気遣いが入った優しい言葉も代位です。
それなりの立場になった時には、そんな堂々としたオーラを出している、素敵な男性になれます。
そんなモテるクールな男性に女性は惚れます。