運命の人やいい人との出会いは、転がっている?マッチングアプリを活用しよう。

いい人は常に求めてはいるんだけど、ぜんぜん出会いがなくてって言う人、本当に多いです。
でもね、はっきり言いましょう。そんなのウソ! 自分が出会いに気づいていないだけなんです。

見渡せば、そこらじゅうに出会いのチャンスがあるというのに。なんと、もったいないことでしょう。
とりあえず、道で行き交う女性から同じ車両に乗り合わせた女性、もちろん同僚の女性まで、「すべて恋愛対象」と考えてください。
はい、一瞬で出会いのチャンスが、一気に広がりました。
最近は、出会い系サイトからマッチングサイト、婚活パーティーまで様々な出会いの方法もあります。
特に人気なのがマッチングアプリでの出会い方です。結構知らないだけで周りで使っている人も多い出会いの方法です。

スマホですので、いつでも出来て、女性は無料で利用できます。

出会いのチャンスを増やす

え?身の回りに好みの子なんていないんだけどと思ったそこのあなた!
それでは、一生、モテませんよ。

好みの子にだけモテたいなんて、虫がよすぎます。
というより、いざ好みの子と出会ってから、いきなりモテる努力をしたって、とうてい追いつかないのです。

モテる男というのは、女と見れば声をかけるし、誰にでもモテようとする。
だから、女性慣れして、女性の心もわかるようになる。
結果、実際にモテるようになって、必中の女性ともうまくいくのです。

もしかしたら、あなたはすごく「誠実な人」なのかもしれません。
そんなチャラ男になんて、なりたくない。
本当に好きな人が見つかったら、その人と大恋愛がしたいんだ、と。
実は女性にも、そういうタイプは非常に多いのです。
でも、それは言ってみれば、予行演習なしの運動会、リハーサルなしの本番、みたいなものでしょう?
練習に洗習を重ねて、やっとうまくできるようになるのは、なんだって一緒。
恋愛だって例外ではありません。

それに、好みではないと思っていた子が意外といい子で、自分とも気が合った、なんてこともありえます。
恋愛慣れしていなくて、女性のことがよくわかっていない人であれば、なおのこと、じつはベストマッチの女性を多く見過ごしている可能性が高いのです。
「好みじゃないから」といって、可能性を排除してはいけない。これは、出会い力の基本中の基本です! しっかり頭に叩き込んでください。

いつ、どんな可能性が飛び込んでくるかわからないのですから、つねに心の扉をワイド・オープンにしておきましょう。
モテたいのなら常時、臨戦態勢。これあるのみです!
「出会いがない」「好みの人がいない」なんて嘆いているヒマがあったら、周りの女性、すべてと恋愛するつもりで見てみたらどうでしょう。

そんな目をもって1日を者ごしてみたら、ほら、出会いなんて、そこらじゅうに転がっています。
もちろん実際に口説くとなったらテクニックが必要です。

女性を見たら「妄想」しよう

女性慣れしていない人は、常日ごろから、女性と触れ合うシミュレーションをしておいたほうがいいです。
「シミュレーションデート」というのがあります。
お見合いの席で緊張して何も話せない、トンチンカンなことを言ってしまう、などなど、ただ女性と接することに不惜れなせいでフラれることを、極力、回避するためです。

実際のシミュレーションデートでなくとも、頭の中でシミュレーションすることもできます。
道を歩いているとき、 電車に乗っているとき、カフェで一服しているとき、周囲にいる女性について、あれこれと想像してみるのです。

すなわち、女性を見たら、妄想してみろ!―これを私からの指令だと思ってください。
たとえば電車の中では、スマホは見ない、マンガも本も読まない。

まず、ターゲット”を一人定めて、想像力たくましく、その女性について考えてみてください。
どこに住んでいるんだろう、仕事は何かな、彼氏はいるだろうか。
どんな話し方をするのかな、趣味はなんだろう。
さらには、その女性を口説いてデートする場面まで、脳内シミュレ ーションしてみるのです。

勘違いする人がいるかもしれないので、一つ注意しておきましょう。
これは、ゲームやアニメの主人公と恋愛シミュレーションするのとは、まったく、わけが違います。
ゲームやアニメは、どこまでいっても虚構の世界。そんな特殊な世界で何人と付き合おうと、いくら妄想しようと、何も現実には活かせません。

頭の中だけであっても、実際に目にしている生身の女性に対して妄想することが、恋愛世れ、女性世れしていないは必要だということです。
女性を見て妄想するなんて、そんなのアヤしい勘違い男じゃないか、と思ったかもしれませんが、いいではありませんか。

頭の中では何を考えようと、自由なのですから。

こうして普段から想像をめくらせ、妄想していると、いざ女性と出会って口説こう、となったときの失敗は格段にはずです。
もちろん、実際には妄想どおりになんていきません。
でも、いつもいつも女性と接する場面を妄想していると、おのずと、「女性と接する脳内回路」とも呼ぶべきものられます。
今の妄想は、いわば未来の想像図。とにかく頭の中だけでも、生身の女性に慣れておくことに、大きな意味があるです。