恋愛

恋愛で出会い運をアップさせる方法と出会い運を逃す人とは?

顔が広いことを自慢する人とかかわりあうと、出会い運をなくしてしまうそうです
1人でも多くの人に出会ったほうがいいのでしょうか?
中には、あまりかかわらないほうがいい人がいます。

出会い運を逃す人とは?

出会い運の強い人とは、出会いの多い人ではありません。
かかわらないほうがいい人をうまく避けて通れる人が出会い運を強くします。

避けたほうがいい人は、顔が広いことを自慢する人です。
出会い運のない人ほど、顔が広いふりをして、1度会っただけでも「よく知ってるよ」と自慢してしまいます。

あなた自身の信用を落としてしまうことになります。
車の運転と同じです。

事故に巻き込まれないようにすることが、安全運転のコツになります。
関わる人を決めることこそ、出会い運を左右してしまうのです。

出会い運を開くためには?

顔の広さを自慢する人と、かかわらないようにした方がいいです。
いなくなる前に、その人の大切さがわかる人が、出会い運を逃がさないです。

その人がいなくなって初めて、その人の大切さを人間は分かります。
いなくなれば、誰だって、大切な人だったということに その時になって気づくのです。

その人がいる間に、その人の大切さに気づける人が、出会い運を逃がさない人です。

出会っていないのではありません。
出会っているのに、大切さに気づかずに、捨ててしまっているのです。

その人がいなくなる前に、その人の大切さに気づいてあげましょう。
出会いは大切です。一人一人との出会いを大切にするとまた、新しい人と出会えます。

出会い運を開くために

「その人が、いなくなったら」と想像してみましょう。
その人と出会えないのは、まだその人の値打ちがきっとわからないからです。

同じ人と必ず2度、出会います。

1度目は、相手の値打ちがわからない段階で。
2度目は、相手の値打ちがわかるようになってからです。

相手の値打ちがわからないと、出会っていても、出会いを逃がしてしまうのです。
出会いがないと言っている人は、相手の値打ちがわからずに、1度目のチャンスを見逃して通りすぎてしまったのです。

あなたは今、1度目の出会いと、2度目の出会いの間にいるのです。
早く2度目の出会いをするためには、相手の値打ちがわかるようになりましょう。

出会いはメリットが大きいです。逆にデメリットになる人もいます。
人間得意不得意の分野があり、あなたの役に立ち、幸せを運んでくれたり手助けとなってくれます。
それを見極める力をつけると出会い運がもっとよくなります。行動や経験も大事です。

出会い運を開くために

その人の価値を勉強しましょう。
出会った人が、あなたの付加価値になる。
あなたの付加価値は何ですか?
自分が相手へ与えるメリットを考えておきましょう。

付加価値とは?

「あなたでなければならない魅力」です。
あなたの付加価値は、 あなたが出会った人で決まります。
あなたの出会った人が、あなた自身の付加価値なのです。

すべて同じ人と出会っている人は、いません。
人生において、様々な人と毎日出会います。
1人1人の出会いは、みんな違います。

自分には付加価値なんてないと諦めることはありません。
あなたは、こんな素晴らしい人と、出会っているではありませんか。

付加価値がないなんて言ったら、出会っている人にとても失礼です。
出会いを大切にして下さい。

出会い運を開くためには?

出会い運は、清潔な空間にしている方が入ってくると言われています。
出会い運は、運気の入り口である玄関から入ってきます。
部屋をきれいにしている人でも、意外に玄関にホコリがたまってて汚い人がいます。

玄関の掃除の仕方は、1人1人で差が大きいです。
初めてあなたの部屋に来た人は、あなたの素顔の印象を玄関で判断します。汚い玄関より綺麗にしてた方が印象も気持ちの良さも違います。
玄関は、ただの通路ではありませんので気をつけましょう。

顔を毎日洗顔するように、玄関をきれいに掃除しましょう。

出会い運を開くために玄関を清潔にすることが大切です。部屋も掃除して綺麗を保ちましょう。