ひとり親であることの5つの課題と解決策

片親であることは、常に選択の余地があるわけではありません。ほとんどの場合、それは常に運命です。それは楽しみと課題の独自の共有が付属しています。

シングルペアレントの難しさは、個人を苦しめることができ、相手のエネルギー、自信、そして幸せのそれらを奪う。

ひとり親家庭とは何ですか?一人の親が子供を持つ家族のことです。

ひとり親の問題には、収入の減少、生活スタイルの悪化、家や近所への転居などがあります。

シングルペアレントの課題は、特にシングルマザーであることは、圧倒的なものです。子育てと家事、二人の役割を両立させなければなりません。

子育ての問題は報酬を上回るものであり、どの親にとっても最も困難な状況です。ひとり親の課題は、男性と女性の両方で異なり、ミックスに子供を含めることによって悪化します。

死、離婚、別居は、親から交友関係や責任の共有の喜びを奪います。

ここでは、いくつかのシングルペアレントのヒントとシングルペアレントへの解決策と一緒に、いくつかのシングルペアレントの問題とシングルペアレントの苦労があります。

1. 孤独
自分は、パートナーを失って、相手が自分の人生に残したギャップに対処しなければなりません。

シングルペアレントの課題の一つは、寄りかかるために肩を提供する人がいないということです。感情的な充足感 – 自分のパートナーはもっぱら自分の人生の中で果たしたことの一部があります。

草はどちらか一方の側に緑ではありません。自分のパートナーが子供たちと一緒に生活しなければならないとき、それはまた、感情的に挑戦的です。そして、自分は誰もいない家に戻ってこなければならない、これは感情的に自分を消耗させます。

仕事が終わったら誰が駆けつけてくれるのか?

自分が配偶者や子供たちと共有した良い瞬間のすべての思い出の現実が自分に明らかになります。

子供たちの利益のために自分自身を見つけるための部屋を与えるためにポジティブな思考で自分の心の中の否定的な思考を交換してください。

より生産的な活動に自分のエネルギーをリダイレクトします。自分が子供たちの親権を握っているなら、子供たちと一緒に時間を過ごしましょう。覚えておいてください、相手は相手の感情的なニーズのために自分を見上げています。

同様に、子供のいないパートナーは、同情に苦しむのではなく、時間を渡すために社交的になり、コミュニティ活動に従事するために余分なマイルを行かなければなりません。

2. 2.子供たちに規律を植え付ける
一人暮らしの子育てには課題がたくさんあります。子供を持つパートナーは、それが難しい規律を浸透させることができます。

感情的なストレスのために、子供の一部は、両方の親の注意を取得するためのジェスチャーとして不登校活動に従事しています。

シングルマザーであることは、単一の子育ての未知の道をナビゲートする方法を疑問に思うままにすることができます。シングルマザーが直面している問題の一つは、規律の欠如です。

シングルペアレントであることのような闘争は、多くの場合、自分の利益を追求するためにすべてのエネルギーの親を枯渇させます。

また、子どもは、自分がパートナーとコミュニケーションを取らないことに気付いたときに、ソロペアレントに精神的に厳しい時間を与えることがあります。

相手は自分の利己的な利益のために自分に平行した情報を与えます。自分は、これらのシングルペアレントの問題のために自分自身を準備する必要があり、シングルペアレントのストレスが自分の精神を押しつぶさせないようにします。

さらに、ひとり親のもうひとつのデメリットは、経済的な責任です。

また、経済的な負担が大きくなると、一緒にいる時間が制限されてしまいます。

離婚する前に、自分の境界線を設定し、しつけや共働きの対処法について合意しておきましょう。自分が正しい道徳を植え付けるために失敗する前に、子供に規律を教えるために自分のパートナーに定期的に通信します。

配偶者の死によってひとり親になることは、さらなる責任を伴うことがあります。しかし、シングルペアレントであることの課題は、自分を疲弊させないでください。

配偶者の死後、シングルペアレントは、他の親の不在に対抗するために権威者として動作するように相手の延長家族を従事することができます。これは、時間をかけて密接な結びつきがある場合にのみ有効です。

関係カウンセラーや心理学者はまた、シングルペアレンティングの後遺症として不規律を醸造する子供の情緒不安定に対処するために便利に来る。

3. 低い自尊心
社会の中でシングルペアレンツが直面している問題の一つは、厳しい社会的判断を受けていることです。時には社会が別居している配偶者に適切な支援を与えずに判断してしまうこともあります。

否定的な家族や友人は、この状況に対処するのに苦労し、シングルペアレンツとしての自信のなさと自信のなさを作っています。

ひとり親の解決策の一つは、ひとり親に自信を失わせないことです。失った自分の価値観を取り戻すための活動に参加しましょう。

自分を信じて、自分の苦境を理解してくれる人たちに囲まれて、判断することなく、自分のことを理解してもらいましょう。ひとり親家庭は大変なものです。自分の自信を構築し、自己不信感を取り除く活動に従事してください。

4. 罪悪感
シングルペアレンツは、苦い離婚の後に罪悪感の旅に行くのが一般的です。シングルペアレンティングは、疎遠になった配偶者の心の中にいくつかの質問を投げかけます。

私は私の配偶者との忍耐力を持っていることができた場合はどうなるのだろうか?相手は古い成長するときに子供たちはどのように私を判断するのだろうか?どのように私は分離の後に友人を失った来ている?

これらの未回答の質問は、自分の無邪気さを奪い、シングル・ペアレンティングの難しさに拍車をかけるだけです。

自分のせいにしようとしたり、自分を責めたりするのは、シングルペアレンツにとって健康的ではありません。状況を受け入れ、正しい決断をしたと自信を持って、前向きに進むために状況の肯定的な角度を見るようにしてください。

5. 経済的負担
仲の良い家族単位では、それぞれのパートナーが金銭的な義務を果たすために金銭的な役割を担っていました。財政管理の方法については意見が一致しているかもしれませんが、同じ財政で2つの家を経営しなければならないという事実は、上り坂の課題です。

負担の大きい金銭的責任は、シングル・ペアレンツにとって最もイライラする課題です。

自分は今、自分自身であり、自分のすべての財政的なニーズを満たすために仕事でより多くの時間を費やす必要があります。

子供がいる場合は、子供と一緒に座って、子供と過ごす時間を犠牲にしてライフスタイルを維持しようとすることに負担をかけないように、贅沢なものを減らす方法について合意しましょう。

ひとり親としての自分の状況を受け入れ、調整するのが早ければ早いほど、自分と子どもたちのためにもなります。自分の人生の中で新しいパートナーを許可する場合は、より早く回復するでしょう。

シングルペアレントになることは、その試練と勝利が付属しています。シングル子育ては波乱万丈な経験になる必要はありません。根気強い努力と冷静な決意を持って、自分は確かに肯定的な人生の経験に単一の子育てを回すことができます。

また見てください。

お気に入り追加